<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

4/1 40歳でも出来るってことで



 40歳でもクリア出来るってことで。
 この日は夜7時過ぎに職場を離れる。結局34時間勤務明け
ってことで、コンディション激悪だったが、それでも動画撮る
モチベが沸いた不思議。早く撮ってしまいたかったのね。

ーーーーーー

 さて、新元号が発表されましたけど:

夜明けたる 初春令月 和やかに
年度改め 若人集う

 新年度の初詠みは、当直明けと年度始めの新顔参入と改元を
掛けて寄せてみました。

 折角なので、40歳のオヤヂギャグもひとつ。

 新年度早々当直明けたぁ、、、
 ホンマ(名古屋弁で)えれぇ〜わぁ(令和)。

 、、、お後がよろしいようでwww

ーーーーーーー

 まだ体力がある内に、千葉にいる内にやってみたい。
 自転車で房総半島一周。大体、400kmほどです。
 以前琵琶湖日帰り1周したが、距離的に170〜180km
ほどで、休みを入れながら10時間ほど掛かった。そのペース
で行けば、2〜3日ほど掛かる。でもそいつは今の俺にはもう
厳しいから、1日の移動距離を100km程度に抑え、到達地点
の観光もしながら4日間掛けて走るコースを想定する。即ち。

DAY 1 午前10時八千代発、20km地点(午前11時)の
 蘇我で天使担々麺食べて、80km地点(ペースダウンして
 午後3時頃)の竹岡で竹岡式ラーメン食べ、100km地点
 (午後5時頃)の弁天鉱泉で一泊。

DAY 2 午前10時弁天鉱泉発、10km地点の館山にて少し
 早めのランチ、100km地点の勝浦で担々麺食べて、泊。

DAY 3 午前10時勝浦発、15km地点のいすみ市近辺にて
 ランチ、九十九里浜を抜け、100km地点は銚子となる。
 海鮮に舌鼓。

DAY 4 少〜し早めに銚子発、40km地点の香取市近辺にて
 ランチ、70km地点の成田でおやつ、100km地点は、
 即ち八千代ゴール!

 おおお、完璧な計画ジャマイカ!いつやるよ?今の仕事して
たら無理だよ!仕事辞めるか!うわははは!つーか前後1週間
は休暇取らないと、終わった翌日筋肉痛で仕事にならないよ!
 、、、うん、専門医取って暫く外勤オンリーのセミリタイア
しているときかな。順当に行けば。43歳頃か。それまで筋力
を保っていないとなぁ。
 ちなみに、旅館の値段と食費等込み込みで、1人最低6万円
は必要かな。7〜8万で安心出来るレベル。自転車も、ロード
必須だなぁ。ヘルメットも揃えないと。むむむ。
 とりま、3連休あればDAY1またはDAY4逆方向の1泊旅行は
可能ですなぁ(ニヤリ)。勝浦担々麺は、電車で1泊旅行か。
鴨川シーワルド込みで。千葉3大ラーメンは制覇したいもの。
まだアリランしか行ったことないわけで。
チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 00:21 * comments(0) * trackbacks(0)

3/1-3/31 年度末

3/1 金


 外勤日。成田「Clover」ってラーメン屋、好き。

3/2 土


 半日勤務からの午後親父と合流、実家へ。

3/3 日










 というわけで、東京マラソン医療救護頑張りました。
 その後、ヴェロニカさんのお誘いで葛西のスーパー銭湯へ。

弥生風呂 仕事の後の ビバノンノ
疲れ癒せば ハービバノンノ

3/4 月






 仕事終わりからの部活。
 そう、今年に入って結構練習頑張れているのだ。

3/57 火

 患者さんと喋ってる間に突然意識が飛んだ。2回も。
 どちらも気が付けば夢見てた。どうやら極めて短時間だった
みたいで診療に支障は無かったけど、自分がどんだけ疲れてる
のか、怖くなった。
 ちなみにこの日、記録によると睡眠時間は7時間あった。

3/6-7 水〜木

 仕事、仕事。辛い辛い大学病院での仕事。

3/8 金




 幸せ外勤日。
 写真のタコ焼きはいつもの部活前タコ焼きとは別物で、朝の
外勤先から午後の外勤先へと移動する途中、昼めしとしてこの
日に頂いたものです。これはこれで美味。

3/9 土


 ナムコ荻窪が別会社経営に代わると発表された。
 アケマス設置店だったが、、、。

3/10 日















 というわけでサンクリの日でした。

3/11 月



3/12-14 火〜木

 仕事、仕事。超頑張ってた。いつもながら。
 大学病院勤務は俺的にキャパオーバーです。
 正直しんどい。

3/15 金




 幸せ外勤日、午後カノレたん、ヴェロニカさんと合流、夜中
ヨロマンさんも合流、家で宴じゃ!

3/16 土

 ヨロマンさんのキャラ作成。レヴォラコント。
 今度のパーティはラケルタ3人だ!wwwww
 どんな冒険になるか凄く楽しみである。
 午後ヴェロニカさん抜けて、夜カノレたん&ヨロマンさんと
再度宴突入、そして終電前解散。本当に素敵なひと時でした。

3/17 日

 St. Patrick's day.
 夜家族とメシ。
 解散後、ギネスビールとアイリッシュウイスキー目当てに、
アキバのHUB。ヴェロニカさん合流、マッタリ呑む。つーか
ヴェロニカさん、来る前から呑んでた件w

3/18 月



3/19 火


 この日は北どんが〆どれーDP動画上げたっけなぁ。
 本当彼の努力には脱帽。あの身体でよくぞ、、、ね。

3/20-21 水

 水曜夜勤。患者が来ていない間に雑用や論文などを進める。
ようやっと一段落したところで、気付いたら午前2時。ほんま
やること多い。

3/21

 木曜は春分の日。
 夜勤後、結局昼過ぎになってようやっと病院を出る。
 夜勤後、気分はハイになる(本当に辛いのはその翌日だ)。
 しかし今回は夜勤→祝日→外勤っていうスケジュールだった
ので、ホントに良い。午後は午後とて少しおでかけして(部活
だったような?)、夜は家でパワプロしたりマッタリ呑んだり
していたな。

3/22 金


 幸せ外勤日☆
 とりあえずレヴォラコントのマップスケール、キロメートル
ではなく、リーグ(約4.8キロメートル、1時間歩行距離)
に設定し直そうかなと。ゲーム的に計算もしやすいし。
 で、リーグって名前をオルファス語に直せばよい感じだな。
 この日の夜は船橋で講演会。その後も若い先生と呑んだな。

3/23 土

 仕事後に美津濃さん、夜はヴェロニカさん来臨。
 この日は美津濃さんのキャラ作成を。寒さに弱いラケルタの
多いパーティなので、ってことで、美津濃さんは炎使いの妖精
を作成。ラケルタの体温を温めてあげるよ!的なw
 なお、ヴェロニカさんは今度オルファスで作る予定。
 そう、ヒト族の居ないパーティ爆☆誕ッ!
 、、、うん、楽しいセッションになりそうだ(ヒヒヒ
 夜は夜とて宴です。幸せ宴。

3/24 日

 ヴェロニカさんと出かける。
 解散後、俺はアキバで買い物して、その後実家。両親と晩飯
でした。四川反転のMBDF(麻婆豆腐)美味です。

3/25 月

 午後23時半くらいで、ようやっと退勤。
 これだよ。出勤する度に、無尽蔵に増えていく仕事や雑用、
拘束時間。これが怖いんだよ。
 こんなん健康に響くに決まっとるやんけ。ほんま、早く大学
病院やめちまいたいわい。
 嗚呼つらたにえん、つらたにえん。

3/26 火


 火曜はスタンドプレーなので極力残業はやりません。

3/27-28 水〜木

 連日の22時以降残業。23時以降のことも。
 その疲れと、そして更に仕事でのミスが多くて精神的に最悪
でした。気持ち的に折れる寸前。

3/29 金


 誕生日、そして幸せ外勤日。そして仕事の優しい先輩が俺の
誕生日会を開いて下さった。本当にありがたい。
 おかげで、なんとか精神的に少し持ち直した。
 感謝、感謝です。

3/30 土

 家事で潰れていく昼下がり。結局洗濯物とか1週間分土日に
まとめてやらざるを得ないライフスタイルです。
 夜は新宿で両親とメシ。鼎泰豐の小籠包うまうま。
 そのあと、本当はヴェロニカさんのホムパに乱入したかった
のだが、翌日日当直33時間勤務ってことと、体調が良くない
ってことで、無理せず直帰。

3/31 日

 年度最終日は夜をまたぐ日当直。
 とりあえず頑張る。
 33時間勤務ってフツーに酷い。
 翌日は新年号が発表されるが、俺の日常が変わるわけでは、
無いですからねぇ。
 早くイージーモードになりたい。
チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 23:50 * comments(0) * trackbacks(0)

詩集2018.4-2019.3

2018年度の詩の総集編。

 極めて多忙だった1年間ってイメージ。
 気が付けば、都都逸が少なかった、な。

以前のはこちら:

詩集2017.4-2018.3
http://zenon.jugem.cc/?eid=5906

詩集2016.4-2017.3
http://zenon.jugem.cc/?eid=5902

詩集2015.4-2016.3
http://zenon.jugem.cc/?eid=5886

詩集2013-2015.3
http://zenon.jugem.cc/?eid=5775


ーーーーー

2018年

4.4 酒と肴と男一匹

寒鯖の 西京焼きに 酒一合
この侘び寂びの 快さを解せば

4.29 去年も似たようなの詠んだw

24時間 皆の倖せ
俺が護るずぇ 日当直

5.3 自転車で浅草へ

狂風に 荒れる川面よ 五月晴
都を駆ける 自転車の旅

5.6 博麗神社例大祭

蒼穹の 高く煌めく 例大祭
夢の開演 胸高鳴りて

花の香に 暫し天空 見上げれば
憂さも宴も 遥かなりけり

爽やかな 風に吹かれて 帰り道
花の香りに 導かれつつ

5.8 緑ヶ丘の「うっとり」にて

うっとりと 皐月夜半の ぼっち酒
沁みる酒肴に 現実逃避

5.13 実家の外部屋ベッドにて目覚める

春風や 外部屋眠る 記憶かな
寄せる悔憶 果つるを識らず

6.1 広島で学会、夜の稲荷(とうか)祭にて

梅雨前に 安芸の味覚ぞ 舌鼓
酔いてめでたき 稲荷(とうか)の祭

6.3 学会終え、呉市へ電撃旅情、行きと帰りに

瀬戸内の 海を眺めて 初夏の旅
いざ行かふかな 世の片隅へ

青葉の候 夕焼け映ゆる 瀬戸内海
薫る潮風 海色(みいろ)愛でたく

6.10 従弟来臨、新宿にて、ふとよぎる思い

つゆにきゆ 新宿不夜城 今昔
再開発に 風情は滅び

6.20 光が滅んだ日

And the days go on,
no matter how hard, no matter how sad,
though the Arch-jewel has fallen from my fingers,
until the end of days, until death takes me.
Farewell, farewell to the past,
I'll pray for the best to thee.

And the nights will dawn,
no matter how cruel, no matter how mad,
for the heart-engraved memories forever lingers,
to whatever end, I now have yet to see.
Welcome, welcome to tomorrow,
let's hope for the best to be.

-Lament-

6.29 成田の鰻重

照りつける 太陽初夏の 上鰻重
舌鼓打つ 成田山かな

7.1 松本逃避行

夏来たり 陽気優しき 逃避行
駅弁頬張る 上機嫌かな

北西へ 続く甲斐路を その先へ
中央本線 あずさは疾る

夕暮れの 酔いどれ往くは 旅の空
雄町極めし 九郎右衛門かな

【辞世】
夏の虫 酔生夢死の 心地かな
夢破れたる 先を思へば

7.8 成田祇園祭、そして思いは揺れる

山車(だし)担ぎ 坂駈け上がる 威勢かな
童愉しむ 成田の祭り

夏酒に 揺れる思念は 酔い巡り
出るか戻るか To be, or not to be.

7.9 ヤケ酒うっとり

計らずも 夏のヤケ酒 功を成し
酔いどれ道楽 縁(えにし)新たに

7.14 三国志ネタ

人生献帝、徐晃運転、
急いては事を士孫瑞。
我が気持ちに忠実か否華佗。
曹操に決める必要な士っ燮。
孫子の兵法呉蘭あれ。
伝家のホウ統三十六計、
馬騰覚悟も、辞左慈。

7.23 日当直明けの月曜、なんか悔しくなった

風に舞う 心灯火 夏螢
闇夜抗う 希望光りて

7.26→7.27 精神が過去を掴んだまま離さない

【眠れぬ初夏の夜思ひ】

あれは、何だったのか。
今となっては夢幻泡影。
なお世界は−時を刻み。

もはや、美を忘れ去り。
何を見ても醜悪な肉塊。
どの瞬間も−悍ましき。

無機質な夜が→訪れた。

いまや、彩色は奪われ。
網膜を焼くはモノクロ。
ただ冷徹に−無感動に。

あはれ、滾る血の甘美。
遠い記憶に過ぎ去りて。
だが朝陽は−また昇る。

新たな一日が→始まる。

7.27 外来アルバイトこそ我が天職

外勤楽しすぎるブヒ。(*´ω`*)
まさに天職ブヒブヒ。(*´ω`*)
週3外勤したいブヒ。(*´ω`*)
ブッヒーーーーーッ!(*´ω`*)

8.10 C94夏コミ初日、東雲作戦

東雲や 征くぞ真夏の ト連送(突撃だ)
進軍喇叭の 脳裏響くは

8.12 C94夏コミ最終日

有明の 心色めく 夏祭り
汗まみれるも 晴れやかなりけり

いざさらば 平成最後の 夏祭り
言葉に出来ぬ 言葉紡いで

8.18 祭りの翌週、ビッグサイトにて発表スライド作成

有明や 瞑目すれば 蘇る
夏の喧騒 風に運ばれ

颯爽と 翔ける潮風 ゆりかもめ
台場巡るは 夢の運び手

9.1 大阪にて、発表前夜

【感傷】
四年目の 夏滅びるも 今昔
馳せる思ひ出 大阪に消ゆ
Yeah, those were happy days.
Long, long gone away.
Yeah, all the leaves are brown.
And the sky is gray.
Dream... dream dream dream.

9.11 何故だか、モテる

摩訶不思議 秋波秋波ぞ 怪気炎
中年ヲタが なにゆえモテる?

10.2 シドニー、ダーリングハーバーにて

南洋の 春風渡る 橋の上
雪梨(シドニー)の海 旗ぞ靡きて

10.14 秋季例大祭とコミ1

紅の 童祭に 秋詣で
人妖歓ぶ 有明の空

10.23 自棄酒

自棄喰いの 腹が膨れる 醍醐味を
更に増し増し 自棄呑みの酒

11.29 ゆるふわエロい5・7・5・7・7
てぃてぃましき まてぃてぃまろびで うずもれる
 ふわりまにまに ねぶりまどろむ

12.12 いつの間にかマンション敷地の紅葉が散っていた

秋暮れて 師走益々 せわしなく
紅葉散るを 惜しむ間も無し

12.29 コミケ初日、しろわいん氏来臨/strong>

冬風を 越えて親友 馳せ来たる
 有明の空 天なお高く

12.30 コミケ二日目、絶好調

冬晴れの 抜ける快晴 身に浴びて
 燃える心ぞ 無限大なり 

12.31 富士山が見えた、コミケ三日目

富士山や 道中仰ぎて 羽田着
 従妹送りて 有明駆ける

平成最後 冬のお祭り 
 東の館(やかた) いざさらば 

ーーーーー

2019年

1.1 昨年に続き、元旦日当直

正月の 餅も喰わずに 仕事かな
 人助けする 意義はあれども

1.3 まさかの諸行無常

年明けて 移ろう刻(とき)に
思い馳せ 移ろう心
あはれなりけり

1.4 浅草初詣

遅れての 浅草来たり 初詣
暫し唱えぬ お経トチりて

1.6 宴の後

冬宴 この乱痴気の 果てる先
 この伽藍洞 愉快なりけり

1.24 ポエムではないけど

酒呑みの情けない言い訳:

月曜日
 長い仕事の1週間が待っている。
 酒呑まなきゃやってらんねぇよ。
火曜日
 忙しかったが楽しく仕事出来た。
 今日は酒が旨ぇだろう。
水曜日
 まだ水曜日、いい加減仕事辛い。
 この気持ちは酒にぶつけるしか。
木曜日
 手術ってのは仕事した感がある。
 今日は酒と語りたい。
金曜日
 外勤先はみんな笑顔で良い仕事。
 後は酒呑めば最高の気分だ。
土曜日
 土曜は半日仕事で早起きは辛い。
 もう午後から酒浴びるしかない。
日曜日
 明日からまた仕事、不安で一杯。
 酒で気持ちを紛らわしたい。

月月火水木金金。

例外
 今日は1日引き籠ってゲームだ!
 酔ってたら遊べませんからねぇ。

結論1:酒の言い訳全部仕事。
結論2:ニートが一番健康的。

2.1 2019年初めての雪

夜の間に 本年初の 雪降らむ
白き絨毯 うっすら掛かり

2.10 ゆらゆらと揺れる心

ひらひらと 雪も心も 漂うは
心許なき 明日の空かな

2.14 ヴェロニカさんから俺への贈り歌

白梅や 雨昇りたる 野に香り
 咲かむ八千代に 春ぞ来たらば

(ヴェロニカさんの作)

2.14 俺からヴェロニカさんへの返し歌

桜花咲き 微香昇るる 野を行かば
 心の雨も 甘露なりけり

2.16 とある一つの終焉と絶望

It’s such a sorrow to realize what once you believed to be the most beautiful angelic creation in the whole universe, has been disgustingly transformed and thus have fallen into decay and utter ruin. As if, the sun will never ever shine again on this ugly world. What a pity.

2.18 腹が立っていた

常日頃 煮え繰り返る ハラワタの
味染み込んだ モツ煮込みかな

2.22 現状へのルサンチマンと創作への渇望

何時の日か 白き煉獄 飛び出して
若き時分の 見果てぬ夢へ

2.22 O先生追悼

酒瓶を 抱えて眠る 呑兵衛の
酔生夢死は 誉れなりけり

2.24 夜勤あるある。

【夜勤あるある?】

午前二時 屁ぇ響きたる 廊下かな
その屁ぇ超える 足の臭さよ

3.1 I stand.

Since the evil words were said,
hence the fury led the cry.

When the skies went fiery red,
‘twas my banner flying high.

Crush the foe and send the dread,
‘tis the end that’s drawing nigh.

Though the angry flame now dead,
I say it was worth the try.

3.3 東京マラソン後の葛西風呂

弥生風呂 仕事の後の ビバノンノ
疲れ癒せば ハービバノンノ

3.13 八千代もつ焼き「まるきん」

仰ぎ見る 弥生夜空の 赤提灯
仕事上がりの 誘惑ふらり

3.21 夜勤明けの祝日にお出かけ

【Windy Day】

夜勤明け 春風満帆 浴びにけり
意気揚々と 空を仰げば

3.28 誕生日30分前の鬱

春来ても 狼狽え惑う 不惑かな
 向かぬ仕事に 向き合いたるは

3.29 焼肉屋で誕生日会を開いて頂いた

あたたかき 春の宴ぞ ありがたし
歳を重ねて 門出新たに

ーーーーーーー

 とにかく忙しくて、心に余裕が無かった1年だったと思う。前年
の悲しみも引きずったまま、なんとか立ち直ろうともがき、しかし
思うようにならない仕事に気持ちは沈んだまま、酒の量ばかりが、
どんどん増えていった、そんな1年。陽気な都都逸が少ないのも、
それを反映していたのかなと。
 しかし、良いこともあった1年で、最後の最後も精神的にドン底
まで落ちた直後に誕生日をお祝いして頂いてハッピーになったり、
そういう意味では感情の浮沈が激しかったとも言えます。そういう
意味では、2017年度よりはマシだったのかなと。
 2019年度は、もっとハッピーであれば良いなと願ってます。
チャンプ(−O−) * 詩集 * 23:18 * comments(0) * trackbacks(0)

40歳になりました

2019/3/29

40歳になりました。
昨年は良いこともあったけど、最後の最後まで辛く、しんどい1年でした。でも、そんな1年だったからこそ、それでも親切に接して下さる方々の優しさに感謝しきりの1年でもありました。本当に皆様ありがとうございます。至らないところが多過ぎる俺ですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

今天、我40歳了。
去年也有好的時候、但到最後還是非常辛苦、難受的一年。反過來看、也因為很痛苦的過去、更加感謝大家対我的親切和支持。真的非常感恩。希望大家能継續多多關照我這小家伙。謝謝大家。

Today, I became 40 years old.
Last year, yeah there were good times, but in the end, it was painstaking and depressing to the very last day. Looking on the bright side, it is at this time of agony and challenge when I realize how much support I have from everyone. I’m deeply grateful and would like to thank everybody for your kindness and caregiving. Being such a bastard as I am, still, I wish everyone peace, love & prayers & all the best. Thank you.
チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 08:47 * comments(0) * trackbacks(0)

2/1-28 激しめの2月

2/1 金

 外勤日、雪が降ってうっすら積もった。

夜の間に 本年初の 雪降らむ
 白き絨毯 うっすら掛かり

 ってね。

2/2 土








 というわけで、半日仕事→たこ焼き→部活。
 そんなハッピー土曜日。

2/3 日





2/4 月



2/5 火






 旧暦の正月。
 当直明け、無理矢理部活w
 この時期は結構練習回数増やせて良かった。
 からの、焼き鳥屋で一人呑みしたっけなぁ。

2/6 水


 朝7時に目が覚める夢を見て、起きたら6時半。
 そんな旧暦の初夢w
 おまけに寝違えて首痛かった。
 夜は講演会でお勉強。
 21時からの懇親会でメシにありつける。
 家帰る頃には23時過ぎてます。

2/7-9 木〜土

 木曜は手術もありーの仕事日。金曜はハッピー外勤日。
 同様は半日勤務からのタコ焼きからの部活。ガンダムもね。
 割とこの安定パターン入ると良い感じだ。

2/10


 ほんとうにもう、ねぇ。
 この日の夜は実家泊まり。翌朝新宿で東京マラソン医療救護
の説明会に出るためです。

2/11 月






 TVで久々に谷亮子見たけど、なんとまぁ御綺麗になってい
ましたなぁ。今43歳だけど、18歳の頃より魅力的になって
いた。そういう歳の取り方、素敵だよね。
 40代で老け込む人と、どんどん綺麗になっていく人。
 、、、うん(何

2/12-14 火〜木

 火曜は普通に頑張れたかな?しかし水曜から木曜にかけて、
本当にハラワタが煮えた。めちゃめちゃ辛い精神的に谷間〜な
時期だった。一歩間違っていれば、人を殺していたかも。人を
救うのが仕事である、医者がねぇ。それくらい、精神的に凄く
ヤバイ時期でした。

2/15 金


 幸せ外勤日。
 これがなかったら、俺は医者そのものを辞めていただろうな。
 そして夜は、そーすいさんご来臨なのでした。お泊り☆

2/16 土






 のろのろと起きて、朝回診してからのゲーセン。
 そーすいさんとタコ焼きからの部活満喫していたら、なんと
じょけぇさん「軽率にアキバ凸なう」っていうツイートを偶然
発見。そこから急遽連絡を取って、アキバに二人で突撃して、
じょけぇさん確保して、そのまま八千代にとんぼ返り。
 アキバ滞在時間10分足らずwwwww
 そこからの、ホンマ楽しい「軽率な宴」でした。
 ありがとう、そーすいさん、じょけぇさん。正直この辺りの
ドンだー仲間は、家族だと思っている。

2/17 日






 コミティア、今回は本当に沢山戦利品あったなぁ。
 ファンタジー漁りまくった。
 過去最高にホクホクなコミティアだったかも。

2/18 月

 ハラワタ煮えてたので夜はモツ煮込みを食べました。
 仕事ストレス、マジ半端ないって。

2/19 火




 仕事、忙しき、極めて忙しき一日。
 からの、部活とガンダムでした。

2/20-21 水〜木

 仕事、仕事。大嫌いな大学病院勤務。

2/22 金






 というわけで外勤からのホームパーティ。
 料理は定番の俺パッチョ、ぶりトロだけは別個で提供。アボ
ディップ。ペッパー入りカマンベールチーズの生ハム包み蜂蜜
胡麻掛け。海鮮ニラ醤油バターの玉子とじ。絹厚揚げの食べる
ラー油掛けチーズ焼き。控え目に言って、上手く行った♪
 食べちまったら皆一緒だけど、それでも彩りって大事よね、
なんてね。

2/23 土

 この日は夜勤でした。

2/24 日






 夜勤明け、この日は劇場版シティーハンターを観る。
 嗚呼、何という俺得。まぁなんつーか、とってもテンプレな
シティーハンターでした。そう、こういうので良いんですよ。
監督の余計な解釈とか要らないんですよね。シティーハンター
らしいシティーハンターを見せてくれるだけで良いのです。
 そしてちなみにやっぱり、観るなら新宿で観るのが最高。
 からの、新宿八咫、からの新宿広州市場ワンタンで〆た日曜
でした。

2/25 月






 月曜から疲労度MAX。
 夜11時まで抄読会の準備頑張ったんだよぅ。
 なんだろう、この、、、ね。
 この、仕事すればするほど仕事が増えて行く、この感じ。

2/26 火












 市川で勉強、というかショウドクカイの準備しながら呑んで
いたのだが、まさか先日亡くなられたO先生ゆかりの酒(俺が
勝手に認定している)が出て来るとは、、、!朝日酒造の純米
大吟醸無濾過生原酒は、個人じゃ絶対買えないのに、O先生は
それを個人で沢山入手してたんですよ。お店でも、これを入手
出来る店は珍しい。嗚呼、O先生に乾杯や!

2/27-28 水〜木

 仕事。水曜は朝から激しい下痢だったけど、それでも仕事を
せざるを得ない。体調悪いから休む、は、どういうわけか通用
しないんだよな。なんで?
 、、、戦ったよ、俺は。
 そう、戦ったんだよね。
チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 22:03 * comments(0) * trackbacks(0)

【追悼】O先生へ

【追悼】

 某日本酒会にて大変お世話になったO先生が先日お亡くなりになられたと、風の噂で知りました。自宅で酒を呑んでいるうちにそのまま還らぬ人となられたそうです。心よりご冥福をお祈りいたします。

 とても悲しいことですし、60代で亡くなるのは早すぎます。しかし、僭越ながらO先生の呑兵衛仲間を自認する俺には、不謹慎ですが悲しみとは別の感情が湧くのです。

酒瓶を 抱えて眠る 呑兵衛の
 酔生夢死は 誉れなりけり

 ええ、分かってます。酔生夢死は「一生何も為さなかった」というネガティブな言葉。でも俺は、それを字面通りの意味で言い直したいのですよ。酔いの中で生きて、夢の中で生涯を終える。酔いどれ呑兵衛の最高の生き方、死に方ではないか。だから、仮にO先生が苦しまずに酩酊の中で命を終えたのであれば、それはそれは羨ましく思ってしまうのです。許されるのであれば、俺もそんな死に方が良い。流石O先生、死に方まで呑兵衛のお手本になるなんて、心からリスペクトですよ。

 どうかあの世でも、素晴らしい酒を愉しんでおられますように。
チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 21:48 * comments(0) * trackbacks(0)

チャンプ的脳内おっきage♪ #46

日本酒、世界的にもっと流行って欲しい

 テレビ番組で日欧EPA発効が取り上げられていた。そこでは主権問題とか消費税下げた方が経済が活性化するとか難しいこと言ってるけど、俺的に注目点は1つ!

 日本酒の輸出関税撤廃キタコレ!これで、日本酒文化が世界に広まり易くなったかも!今こそ全国の酒蔵が奮起するときです!より美味しい、より高品質なSAKEを欧州に広めるのです!

 、、、地域または人伝て優先な日本酒業界特有の閉鎖性を、まずはなんとかしないといけない気がします。次に輸送の問題。例えば生酒を品質劣化することなく海外に運べるかどうか。勿論海外に版図を拡げられるセールス力、それを担保可能な人材の育成も大事。

 個々の造り酒屋でそれを行うのは難しいかなぁ。そこで、地域毎に連合を作ったり合資会社を立ち上げるなどして、共同で売り出すというのはどうだろう。海外出身ないし帰国子女の人才を募り、お酒の特徴、その良さを理解して、外国語で説明出来るように仕込み、打って出る。勝算はあると俺は思うんだけどなぁ。
チャンプ(−O−) * チャンプ的脳内おっきage♪ * 22:07 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ