<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.4 ダイジェスト

 2020年4月のダイジェスト、主な日付ごとに。
 コロナ報道が過熱し、外出自粛から緊急事態宣言へシフトして行った一か月
でしたが、4月11日にFF7リメイクを購入してからは引きこもりゲームが
捗りました。家での高いQOLとクソな仕事の行ったり来たり生活、平日毎日
「早く家帰りてぇ、早く週末なんねーかな」と念じ続け、外勤日から週末終了
まで「嗚呼これが永遠に続いたらいいのに」と念じ続ける、そんな日常の風景
を以下にお送り致します。

4月1日

 某所書き込み:

 昨夜、病棟から呼び出されて再出勤。
 今の体制で俺は週七日間オンコールなんだと痛感。それから夜寝ている間、
ずっと仕事の夢を見る。おかげで、起床後も休んだ気がしなくてぐったり。
 まだ水曜日か、、、早く週末になぁれ。


4月2日

 具材モリモリは、健康への気遣い。サラダも彩りを大事にした造り。俺の
好みを知り尽くした、心尽しの天使的配剤としか言いようが無い。
 妻はまさに天才である。

4月3日

 某所より:

 「こんなに丁寧に説明してくれる医者は初めて」なんて言われた。
 さもありなん。俺は医者じゃあ無いからな。医者は副業で、本業は好事家
なのです。医者とは見てる世界が違うンだよ。
 成田外勤、仕事なのに、全然仕事だ!って感じがしません。仕事って嫌な
事のハズだけど、成田は嫌な事がほとんど無い。だから仕事じゃない。仕事
じゃあ無ぇんだから、医者ではない。ただの皮膚に少し詳しいヲタスケマン
なのです。その本質はヲタ。手術だってやっちゃいますけど。
 この斜に構えた感じが、どうやら俺には丁度良いみたいです。
 5時にあがって、清々しい気持ちで帰路につく。もう俺、人生収入源コレ
だけで良いんじゃね?なんて思ったり。本当、そうならないかなぁ。週2で
いいから。そうなりたいなぁ。一度の人生だもの、幸せに楽しく過ごしたい
じゃん?ハードな大学病院なんて離れてさ、、、。


 なんて語った、その晩ごはん:



4月5日

 家のすぐ近くには川があり、田舎道で人がほとんど通らないためスーパー
へ食材買い物のついでに散歩がてらヒョイっと川沿いを見に行った。

葉桜
葉桜
葉桜

葉桜や うぐいす鳴きて 散りにけり
愛でる夫婦の 茶盃かな

4月7日

 仕事中に台湾の従弟から電話が来る。
 聞けば、大叔母(祖母の妹)が逝去されたと。
 日本語の本当に綺麗なおばあちゃんでしたよ。
 2019年12月、妻と結婚ご報告のため台湾行ったときはまだ元気で、
日本語で「結婚おめでとう」と言って下さった。
 合縁奇縁、大叔母様、本当にありがとうございました。

久方の 従弟の声が 訃報告げ
さらば大叔母 ひとつの時代

4月8〜12日

 某所書き込み:

 昨日、台湾全人口約2300万人中、新型コロナ新規発症者はわずか1人
だったという。防疫に関して日本が見習うべき外国はアメリカでも中国でも
ドイツでも韓国でもなく、台湾ではないのか。
 ただし日本の行政機構が台湾みたいに大ナタ振るえる構図でないのは理解
している。これまでの選挙により日本国民は政府が大胆な政策を断行出来る
権限を剥ぎ取り、閣僚ではなく官僚主導の国にして行ったのだから。


 さて、この期間中の食事:


 FF7リメイクも届いていました:


 さて、夜勤ですが:

 午前2時に寝られると思ったら3時半に叩き起こされ5時まで拘束される
クソ当直やったわぁ。40絡みのオッサンにはキッツイで正直。
 鼻腔にこびりつく血の匂い、それでも腹は減るってか。いや、とりあえず
寝よう。直明けバッドハイ確定だが、ゲームするにゃあ丁度ええなwww
 ってもう、うぐいす鳴いてるしぃ、、、
 ホーホケキョ♪


 院内コンビニについて:

 コンビニ弁当のクオリティは、間違いなくローソンよりセブンのが俺的に
上なんだよなぁ、、、麺類も、ご飯類も。
 院内コンビニがセブンからローソン変わったのは地味に痛いわ、、、。
 お菓子やドリンクのラインナップはローソンのが少し好きなんだけどね。
営業時間も院内に限って言えば24時間になってくれたから利便性はかなり
上がったと言える。
 ただただ、メシがな、、、。


 当直明け、初当直研修医達との初仕事を振り返って:

卯月より 晴れてピカピカ 一年生
 元気で健気 初期研修医
春新人 
 ナルケマレバンガ カッピカピ
  教える我の 当時思へば

ーーーーーーーーーーーーーーーー

彼らが俺みたいな苦しい思いをしませんように。
嗚呼、彼らの前途に幸あれ。


 そして熱気バサラがトレンド入りに寄せて:

 「突撃ラブハート」がトレンド入りw
 バサラの歌はコロナに効きそうだな!
 コロナなんてくだらねぇぜ!
 俺の歌を聴けぇぇぇぇぇッ!

♪ 夜空を駆けるラブハート 燃える想いをのせて
  悲しみと憎しみを 撃ち落としてゆけ
  お前の胸にもラブハート まっすぐ受け止めて デスティニー
  何億光年の彼方へも 突撃ラブハート ♪


4月13〜15日


4月16日

 妻が働いているジンギスカン店から、コロナの影響で処理しきれない羊肉
が冷凍状態でどっさり届いた。
 というわけで、翌日のツイート:




4月17日

 毎日毎日、料理のクオリティが高すぎるぞ妻よ。
 というわけで翌日のツイート:


4月18日

 妻の友人たちとオン呑み。
 大学時代の英語合宿サークルの仲間たちなんですって。
 一人は福岡から。後は首都圏かな。
 こんな風に遠距離で呑めるなんて素敵な時代になったものです。
 というわけで、翌日のツイート:



4月22日

 某所書き込み:

 ゴールデンウィーク外出禁止でやることないよ!って投稿を近頃結構よく
見掛けるけど、俺はやりたいことが多過ぎて、ゴールデンウィークでも全然
足りないのでした。つーか、ゲームだけやってても、全然年単位余裕で引き
篭もれるぜ俺は。ブログ日記も追いつかなきゃだし、本棚の整理だって大変
だし、なんなら創作したいことも音楽から物語からTRPGまで、もうね、
それはそれは無限大でございます。
 もっと休みたいんだよ俺は!仕事なんてやめて、1年の大半以上を遊んで
いたい!その方が、俺に取っては余程有意義な人生なんだYO!
 、、、と、思う今日この頃、ではなく日常風景。早くゴールデンウィーク
突入しないかな。もっと休みを!はやく!ああ狂おしいほど待ち遠しい!


4月23日

朝晴れや 春陽輝く 君の貌
 一年(ひととせ)重ね なほ愛らしく

 妻の誕生日。
 勿論、お祝いさせていただきました。

4月24日

 某所書き込み:

 どうも、メンタルクリニックで「適応障害」と診断された、俺です。最近
人間関係面で少しだけ気楽になってきた感じなのですぐには仕事辞めません
けど、また本格的に辛くなってきたら前みたいに希死念慮が出るとか重症化
する前に診断書もらってケツまくりたいと思います。
 そんな俺の、昨晩見た夢の話。
 俺は夢の中でどこかの偉そうなセンセイに思いを語っていました。これは
夢だとハッキリ認識していた状態で滔々と持論を語る自分にびっくりしたと
共に、起きても内容をハッキリ覚えていることに更にびっくり。さて内容を
検証してみませう。

セ「君は医者の仕事についてどう思っているのかね」
俺「社会通念的責務としての仕事と捉えるのか、自分が生活するための仕事
  として考えるのかで答えは変わります。自分に取っては生活の糧を得る
  手段に過ぎませんよ」
セ「具体的には、どう違うんだ?」
俺「生活のためだけであれば、どれだけ仕事したいか、そしてどれだけ遊び
  たいかは、本来自由であるべきなんですよ。週3回のみ仕事すれば良い
  って思っているなら、そうすれば良いんです」
セ「それは違うと思うぞ」
俺「違わないですよ。仕事は、原始時代で言えば狩りと一緒です。週3回の
  狩りで1週間分の食料が賄えるのならば、週3回以上狩りに行く必要は
  無いんですよ」

 、、、うん、随分強引な論法だな、夢の中の俺よ。
 っていうか、これは持論って言うよりも単なる願望じゃねーかwww
 とうとう夢の中にまで「休みたい」という意識が前面に出るようになった
俺でしたとさ。四月は特に土日出勤や日当直が入るなど、休めなかったから
なぁ。しかしその代わりゴールデンウィークはまるまる貰えましたぞ!まぁ
ちょいちょい病棟はやらざるを得ないけどさ、、、しかし、朝起きなくても
良いのは僥倖!さぁゴールデンウィーク前の、最後のひと踏ん張り!今日も
元気に外勤外来頑張りまっしょい!


 ちなみにこの日の晩餐はヘルシーな感じに:


4月25日

 咲村さんの声掛けてオン呑みをば。
 そーすいさん、みらいさんご夫妻(!)、初めましてな咲村さんグループ
リーダーさん達とわいわい喋りながらゴッキュゴッキュ。
 その時の料理:


4月26〜27日

 遂に俺も日当直の24時間発熱外来を担当させられるという、医療現場の
逼迫がのっぴきならぬ状態になって来た時期。
 そんな中での某所書き込み:

 俺は肥満で高血圧など持病があり、新型コロナ重症化リスク高めですが、
明日24時間日当直で所属病院の発熱外来を受け持つことに。新型コロナか
どうか分からない発熱患者に対面診察です。
 繰り返します。対面診察です。確定です。オーダーを出して終わり、では
ありません。血液検査の採血も自分でやれと言われました。ご存知の通り、
本職は皮膚科医で翌日も通常外来診療です。
 気分はロシアンルーレットです。
 以上現場からお伝えしました。


 からの:

 ここまでなんだかんだで割と盛況だったなぁ。
 夜中は沈静化するよう祈る。みんな、ほんま頼むから家に居てくれ。夜中
病院来てもいいことないぞ。保健所やってないからPCR検査は出来ないん
だぞ。そして、俺みたいな、普段発熱なんて診療してないヘトヘト皮膚科医
に診察されちゃうんだぞ。百害あって一利なしや。
 驚異の9時から翌日9時までの24時間発熱外来、それ終わった後に普段
の皮膚科外来に突入するんだから、もう滅茶苦茶です。せめて、夜中は誰も
来ないで仮眠取らせて欲しいのです。お願いなのです。


 からの:

 夜中でも頑張ってます。
 あひゃー。明日に障る!
 つーか明日の外来も普通に沢山。
 そんな入れなかったつもりだが。
 他科依頼経由とキャンセル再予約組か。
 さぁゴールデンウィークは目前!
 ここが最後のひと山だ!


 からの:

 朝9時から現在夜中3:45までノンストップで駆け抜けた。
 やっと、仮眠だ、、、明日まで平穏でありますように、、、明日の外来も
忙しいぞぉ〜。
 いやぁ、無茶やでwww
 頼むでホンマwwwww


 からの:

 やりきった自分を褒めてやりたい。
 改めて、初期研修時代俺を指導して下さった方々に感謝。
 色々思い出しながら、どうにか終えられました。
 あとは感染してないよう祈るのみ。


 という、そんな時間を過ごしました。
 家に帰った俺を待っていてのは、こんな妻の心尽くし:


 嗚呼、最高ですよ!妻!
 いつからこのブログは結婚惚気ブログになったんだ!

4月28日

 休刊日なのでノンアルビールで乾杯でした。

4月29日

 某所書き込み、日本語と英語両方で:

 某市の医療体制における中心的病院、更に休日当番日という条件で、本業
は皮膚科医にもかかわらず独りで24時間発熱外来+外科処置をやれと命じ
られ、それをどうにかやり抜いた俺だからこそ言いたいこと、言えることが
あります。
 ・発熱者は全例PCR掛けろ!
 ・とにかくPCR検査数増やせ!
  ↑みたいなこと未だに言ってる奴は:
 バ ッ カ ジ ャ ネ ー ノ ! ?
 、、、と。
 地域の保健所が休みのためPCR免除となっていてさえ、朝9時から午前
3時45分まで21時間以上ほぼノンストップ連続稼働させられたのです。
これに加え、発熱者全員PCR検査のため検体取り、書類・手続きやって、
保健所連絡して、なんてのをやっていたら、間違いなく俺はダウンしていた
ことでしょう。おまけにそうした手順を待つことで生じる過剰な待ち時間、
待機場所で無為に過ごす発熱患者の人数が増え、彼らの間で感染が拡大して
しまうなんて悪夢のような事態も有り得ますし、そうなれば間違いなく医療
崩壊です。
 大事なのは検査数増やすことではなく、医療崩壊リスクを最小限に留め、
本当に入院加療が必要な人達のために現有の医療資源を上手に運用すること
です。そしてそれを、より確実に出来るのが、皆様の感染対策・感染防止に
おける御協力、これ一点に尽きると思うのでした。
 あと、欲を言えば、大病院の医療スタッフ充実を。それを実現させるには
待遇の改善が必要です。色んな認定制度で縛り付けることではありません。
給料や休暇の面だけでも待遇改善せず、現場に犠牲を強いるばかりの大病院
から当たり前のようにどんどん医療スタッフが辞めて行く、そんな常態が、
今日の人手不足を招いていると思います。
 なぜかそこにメスを入れようとしない日本の旧態依然とした医療制度にも
大きな問題があるんだよなぁ、、、と。
 以上現場からでした。

I guess I'd like to translate a part my previous post into English so that all my non-Japanese Facebook friends would understand what I was talking about COVID-19:
 Due to lack of physicians, I (a dermatologist that normally do not attend general practice) was assigned to the 24 hour outpatient's post for patients with fever last Sunday. Was super busy, and I worked continuously from 9AM to 3:45AM midnight with scarce rest, although I did not have to take samples for PCR because the public health center was closed on holidays. I also had to watch the usual dermatology outpatient's post the next day.
 If I had to take PCR samples from all feverish patients that day, the ordeal would have literally killed me, and the lengthened waiting time would possibly have increased the risk of otherwise prevented infection between patients. Therefore, I'd really want people to cut the shit saying "all patients with fever should be PCR-checked", because that would stop all medical systems to function properly.
 What's important is to let the medical system do their job in the best efficient way possible, to prevent people with lesser symptoms swell the isolation wards so that the treatment for people with real critical symptoms be delayed.
 "Just stay home" is by present the best and only way people could participate in the war against COVID-19.
 My opinion, as someone who was briefly at the forefront. True respect for all emergency medical staff and all people who are bound to stay longer hours at any potentially risky sites.


 さて、この日の晩御飯は居酒屋風。
 ソーセージが食べたいと言ったら早速用意して下さいました:


4月30日

 前日かな?テレビで松屋のジョージア(グルジア)料理、シュクメルリが
紹介されていたのを見て、妻が「作ってみたい」と発奮。結果大成功:

 家と病院、天国と地獄を往復しまくる、そんな自粛期間ライフだった4月
をお送り致しました。
チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 17:49 * comments(0) * -

2020.3 ダイジェスト

 2020年3月のダイジェストです。
 今回は最後にツイートをまとめるのではなく、日付毎に表示して行きます。

3月2日

 仕事のフラストレーションMAXが続く日々。
 某所書き込み:

【衝撃】
 来月から常勤が実質俺一人になる罠。毎日がオンコールという愉快な状態に
なります。普段そんな電話が掛かって来るわけじゃあないのだけれど、精神的
にずっと電話掛かって来るかもって構えているの結構辛いぜこれ。
 ますます辞めてぇ、、、。

 たまにいるよね、オフタイムに平気で仕事の連絡してくるやつ。
 滅びればいいのに。
 プロってのは24時間365日、仕事モードであることが要求されるべきと
本気で思ってるやつ。自分自身がそうだからって、他人にそれを押し付ける。
土日や夜中に業務連絡しといて「連絡見たか?」とか、マジやめてくれ。
 それがプロだって言うのなら、俺は別にプロじゃなくていいんだ。ただただ
三度のメシ代を稼ぐためだけに嫌々働いてんだ。仕事のことを人生の優先順位
第1位に据えて、それのことしか考えていなければならない、ナントカの一つ
覚えであることがプロの条件だって言うのなら、俺はそんな人生、真っ平御免
だからな!俺にはやりたいことが他にワンサカあるんだ!仕事なんかに、俺の
全人生捧げられっかよ!
 それに、そう押し付けてくる奴ほど、実はそんなに人生100%仕事モード
って感じでも無かったりするってのが実に腹立たしいぜwww


 、、、しかし、家に帰ると最高の癒しが。
 嫁&嫁の作るメシ。これが無かったらほんまやっていけないです。

3月2日のディナー
3月2日のディナー

3月7〜8日

 正月に泊まったKKRホテルの福袋で無料宿泊券が入ってたので、この週末
は妻とお泊りデートしました。
 その前に、7日は王子神谷の「伊藤」へ。
 ラーメンの神髄ここに極まれりって感じのお店です。

王子神谷「伊藤」
王子神谷「伊藤」

 その後、夜はKKRホテルへ。そこのディナーを愉しむ。

酒肴 妻と鮎魚女 舌鼓
嗚呼心地良き 日々是好日

KKRホテル東京
KKRホテル東京

 開けて翌日は神保町〜お茶の水と抜けて、エチオピアへ。

カリーライス専門店エチオピア 本店
カリーライス専門店エチオピア 本店

 このカレーひたひたの、柔らかもふもふブロッコリーが好い!
 この日は10辛。
 一口はそこまで辛くないけど、最後はポカポカして汗をかく。

3月9〜10日

 幸せなデートの翌日から急転直下の外科当直。

3年やっても やっぱり怖い
 リスクの宝庫 外科当直

 某所書き込み:

 雑用も多いし、責任も重いし、論文の締め切りどんどん迫ってくるし、毎日
めっちゃ頭使って超疲れるし、ホンマ俺、この病院辞めてしまいたい。専門医
取るの、放り投げたい。俺は疲れましたよ。
 と、思いながら、ズルズル頑張って、3月いっぱいで満3年間働いたことに
なります。ひとつの節目ではある、かな。ひとまず、ここまで耐え抜いた自分
自身を褒めてやりたい気持ちではある。
 嗚呼、長い長い休暇、取れねぇモンかねぇ。


 そうこうしているうちに、罠に掛けられる:

怖ッ!怖ッ!今地雷踏みかけた!
回避出来て良かった!アッブネ!
ヒーッ!なんて日だ!全くもう!
さりげに罠設置されていました!
寝ぼけていたらアウトでしたよ!


 いやホント、皮膚科医に外科当直やらせるなよ、、、と正直思う。
 さりげに地雷が設置されてるからホント気が抜けません。
 この日は本当に危なかった。
 で、そんなハラハラドキドキな夜が明けた、翌日:

 朝っぱらからすみません。

当直明け 今朝も今朝とて UNK
外来開始に 遅刻で候

排便中 容赦なく鳴る PHS
糞垂れ流しつ 業務連絡

 お便秘の皆様には羨ましがられておりますが、お通じが良すぎるのも困り物
で御座いますのよ。しかも、決まって遅刻すれすれにとてつもない便意が襲い
掛かって来るのです。そしてクソしている間に電話鳴るっていうね。


 さて、それらを乗り切り、午後までキッチリ働いて(おなじみ34時間以上
連続勤務)、夜は夜とて月島で少人数呑み会でした。この頃は緊急事態宣言も
まだ発令されてなく、外出自粛もそこまで大きく叫ばれていませんでした。
 つねまつ久蔵商店で日本酒を呑んでから、ほていさんで鮟鱇鍋。
 本当に美味でした。緊急事態宣言が解かれたら、妻と行きたい。

3月13日

 某所書き込み:

 大学病院仕事に出掛けるときは苦痛に顔が歪む。
 しかし今日は外勤。俺は覇気すら漲るハッピーな気分で出掛けられている。
さながら、ワーキングホリデーのよう。
 、、、もう一生外勤で良くね?
 ホントに必要なのかしら、専門医。毎日あんな酷い苦痛にさらされながら、
俺はあとどんだけ持つのかしら。居場所を見つけたんだから、もうここいらで
終わりにしていいよね?40歳で病気だらけのオッサンには、もうアレはいい
加減キツ過ぎるんだよね、、、。
 などと、痛む首をさすりながら暫し考える。


 夜はポークステーキ。旨し。
 いつもありがとう、妻よ。

ポークステーキ
ポークステーキ


3月14日

 ホワイトデーに雪が降った。

雪桜 あはれホワイト ホワイトデー
風に揺らめく 花ぞ愛でたき

3月16日

 新しい冷蔵庫が届いた。
 サイヤ人の王子、降臨ーーーーー。

VEGETA
VEGETA


3月19日

 俺はマダムに実にモテる。
 某所書き込み:

四人部屋 病室全員 我が信者
嬌声囀(さえず)り 我照れるなり

患A「次担当してくれるのが先生で嬉しいわ」
俺氏「そう言って頂けて嬉しいです」
患A「声が優しいもの」
患B「ほんとよねー。安心するわよね」
患C(他科の患者さん)「え〜、Aさん、担当してもらえるの?いいなぁ。私も担当して欲しい」
患D(他科の患者さん)「ほんとよね〜」

 あははうふふきゃいきゃい。
 なにこの空間。
 しかも妄想じゃないあたりがね。
 妄想でもこんなん書かないわい。
 そんなに好いのか?俺の声。
 ありがとう、マダム達。
 でも俺の心は、妻のものですよ。


3月20日

 休日、自転車で遠出。

天使担々麺
天使担々麺

 たまぁ〜に、むしょーに食べたくなるんだよな。
 というわけで、久々、自転車で蘇我に行ってみた。このルーロー飯もどきも
結構好きです。
 自転車での遠出自体が久々。本当は毎週のように出掛けた方が健康に良いの
だが。大学病院の仕事やめたら、頻繁に遠出出来るようになるんだよな。その
方が俺の健康寿命には良いだろうなと思ってしまう今日この頃です。
 その夜は、久々、従弟に会った。妻も一緒。楽しい1日。

3月23日

 某所書き込み:

 勇気を出して報われた。

 就労時間だけが問題じゃないと思う。
 人間関係や仕事内容、適性・適応に関する不安も大きな要素と成り得る。
 意外と他人からすると「あれ?」って程度の業務ウエイトで精神的に物凄く
不安定になること、あると思います。
 40代ってのはよく「脂が乗り切った仕事盛り」と言われるけど、置かれた
立場によっては精神的に脆くなり易い時期でもあると思うんだな。上手く自分
自身が精神的に安定出来るポジションにいないと、結構心が折れちゃう可能性
は高いと思います。ソースは俺自身。
 しかし、完全に精神崩壊する前に勇気を出して意思表示をすることって大事
なんだなって、この日思った次第。かなりおっかなかったけどさ。もうあんな
緊張は御免です。


3月27日

ヘルシー夕餉
ヘルシー夕餉

 毎度毎度、俺好みな塩梅のメシを作り続けてくれる妻に感謝。

3月28〜29日

 某所書き込み:

 今年、コミケ中止。
 悲しいけど、大英断である。
 悲しいけど。
 ゴールデンウイーク、せめて家でアニメやゲーム三昧したいな。創作もした
いな。畜生。悲しい。でも大英断。支持するぜ。


 続きまして:

皮膚病理の専門書
皮膚病理の専門書

 同僚の先生が使ってた病理の教科書、使い易そうだったので購入。
 少しは病理が読めるようになりたいなぁー。
 最近あんまし体調がよろしくないが、今日の当直を乗り越え、明日の誕生日
はゆっくりしたいな。


 というわけで、夜勤突入、日付をまたいだわけですが:

カップ麺 すする花月の 夜半風情
 我が誕生日 夜勤で迎え

 はい、朝普通に出勤し、そのまま夜勤です。かなり忙しかった。忙殺される
内に0時過ぎて誕生日を迎えました。41歳となりました。今はとっても辛い
けど、きっとより良い輝ける明日を勝ち取ることが出来ると信じたい。暖かく
見守って下さる皆様に心からの感謝。


 というわけで、誕生日。
 なんと、雪が降りました。

花見月 季節外れの 雪景色
珍事彩る 誕生日かな





 というわけで、ぼちぼちコロナで外出自粛の風潮が高まっていた時期、俺も
誕生日を家で過ごすこととなりましたが、控え目に言って最高な、夜勤明けの
41歳誕生日でした。

3月31日

黒胡麻担々麺
黒胡麻担々麺

 今年も!病院食堂に!
 黒胡麻坦々麺の!季節が!
 キターーーーーーーーー!
 、、、というわけで、以上3月のダイジェストでした。
チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 12:17 * comments(0) * -

2020.2 ダイジェスト

 令和2年2月のダイジェスト。
 まずは、2月7日、国家試験についての某所書き込みから:
 
 五年前の今日、俺は医師国家試験の初日だった。
 一年前の雪辱を胸に誓っての闘いだった。そして俺は勝利したんだ。
 当時サポートしてくれた皆様に改めて感謝です。
 今、医師国家試験は俺の受験した3日間ではなく2日間に短縮されている。
しかし、勉強しなきゃいけない範囲はむしろ増えている。それなのに問題数が
減っているということは、1点の重みに関する重圧は半端ないと思われる。
 今年は2月8日からの2日間。
 受験生の皆様には是非不撓不屈の強い気持ちで挑んで欲しいと願う。


 さて、この2月で最も楽しかった思い出と言えば。
 妻と二人で白子温泉、九十九里浜へ行ったことでした。
 写真等は最後のツイート集にて。
 ここでは、この旅行中に作った詩を列記。

寒桜 白子温泉 九十九里
満月波の音(ね) 妻と二人で

水入らず 山海珍味 冬宴
伊勢海老和牛 舌鼓かな

朝風呂や 冬の湯けむり 御来光
日輪まぶしき 君の笑顔に

朝餉から 伊勢海老汁の おもてなし
腹一杯の 幸せ抱き

夫婦旅(めおとたび)
冬の房総 九十九里
晴天海風 愛に酔いなむ


 5つも出来るとは、よっぽど楽しかったんだろうなぁと。
 実際、結婚してから、これが初めての夫婦水入らずの小旅行でした。お互い
忙しくて、なかなか二人で何処か行くってのが出来なくて、やっと出来た。
 嬉しいモンですね。
 その他、東京マラソン医療救護の講習会がありました。前年同様、俺は国際
フォーラムに配属となったけど、結局コロナ騒ぎで東京マラソンの医療救護も
縮小となり、5年連続参加でない俺は今回参加出来なくなりました。実は俺、
4年連続だったのよ、、、。
 大変意義のある活動と考えており、今後も参加し続けたいです。
 続きまして、某日当直の仮眠中に見た夢に関する某所カキコを:

 当直仮眠中、夢を見た。俺は女子プロレス団体の新社長になっていた。なに
そのリアルなレッスルエンジェルス 。まずは新人レスラーの練習を直に見る。
うむうむ、なかなか頑張っているようである。次に、マネージャー的な男性と
マーケティングや今後の戦略について綿密な打ち合わせ。
 その後、俺の目の前に二人のベテランレスラーが現れる。何と、ライオネス
飛鳥と長与千種だ!クラッシュギャルズ!柔軟体操をしていたが非常に関節が
柔らかい。その後、おもむろに対談が始まる。俺が共に団体を育てて行くこと
の感謝を述べ、向こうも一緒に頑張りましょうと力強く応えてくれた。
 ただ、俺の性格だと選手に厳しく出来ないため育成に不安があると話した。
選手にナニクソ、というガッツが湧かないのではないかと。これではイザって
ときに闘えなくなるような、軟弱な選手しか育てられないのではないかと。
 すると、長与千種が笑いながら「心配いりませんよ」と言った。
 続けて、ライオネス飛鳥も笑いながら語った。
 「本ッ当に鬼気迫るときってのは、心の中は反発や怒りではないんですよ。
そんなときは、無心なんです」
 、、、夢の中だってのに、深いなぁ、、、。
 流石、と呟きながら目が覚めた。夢の中に置き去ったあの団体は、きっと、
素晴らしい発展を遂げるに違いない。
 是非また違う日、別の夢で再会したいものである。


 この月は良い酒呑みイベントもありました。
 某日家で焼肉をしたのだが、俺の医学部合格祝いに買って頂き、国試合格の
暁には呑もうと画策していたものの遂には開封されず、なんと10年間冷蔵庫
で貯蔵された京都山本本家、純米大吟醸「松の翠」23%磨きを、その日開栓
して呑んだのでした。この自家10年貯蔵種、色合いが通常のよりも黄色い!
しかも角が取れて実に旨い、最高の一本となりました。感謝、感謝です。
 それと、板橋医師会日本酒同好会にも行きました。フグ料理を食べながら。
 残念なことも。
 野人・中西学の引退試合に行けなかった。
 仕事のせいでね、、、。
 相変わらず仕事はストレスフル。愚痴カキコも止まりません。

 新型コロナウイルスより、旧型社畜ウイルスのが遥かに恐ろしい。
 日本社会は、休養を許さないのだから、始末に負えんよ。
 大学病院勤務医の仕事とは、四方八方あらゆる方面からの酷い板挟みになり
ながら、事無きを目指して潤滑油としての機能を果たすことにあり。
 上司、他科の上級医、看護師、医療スタッフ、そして患者、それぞれに譲れ
ない事情があり、そのままでは互いにぶつかる噛み合わない歯車を、我が身を
間に入れて擂り潰して頂きながら、時として突発的に発生する無理難題をその
傍らで受け止めながらも無理矢理回して行く。
 気が付けば磨り減ってボロボロになった自分の精神、クソムシ同然となった
人間としての尊厳がそこにある。
 こんなことするために医者になったのか?


 この頃は頚椎ヘルニアも発覚し、ほんとしんどかったな。
 これを書いている今の今でも首から右肩、右腕に掛けて痛みが走ります。
 他には、外勤先との別れ、そして新たなスタートもあり:

 3年間務めた外勤先とのお別れ。
 ここで俺のこと気に入ってくれた患者さん達やスタッフの皆様方とも今日が
最後。名残り惜しい。本当に本当に、お世話になりました。楽しい3年間を、
誠にありがとうございました。
 今後外勤は午前も午後も成田某病院。いつもの場所ではありますが、新たな
スタートでもある。まぁ俺は俺で変わらず患者さんの笑顔に貢献して行きたい
ところです。


 医療と言えば、この頃から日本でもコロナウイルス報道が過熱。
 しかし、、、だよ。

 ねぇ。みんな気が付かなかった?
 コロナ騒ぎで、、、
 香港デモの報道が止まった!


 真相は闇の中。ただ、確実に「得をした」勢力が居そう、かも。
 と言うわけで、最後にツイート紹介です。









チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 20:05 * comments(0) * -

2020.1 ダイジェスト

 令和2年度に入りました。1月のダイジェストをば。
 冬コミ終了後の大晦日、家族で竹橋のKKRホテルでお泊り。みんなで晩飯
食べて、おしゃべりして、カラオケ行って、、、と、まさに家族団欒でした。
翌日は結婚式挙げた豊川稲荷へみんなで初詣。駅前は寒桜も咲いていました。
その後、赤坂の四川料理、実に美味な麻婆豆腐でしたよ。
 翌日は妻方の家族親族集まり。墓参り行って、富岡八幡宮と深川不動尊へ。
その後は焼肉からのカラオケ。
 3日は八千代に戻り、京成バラ園でランチ食べたり家で呑んだりしたっけ。
 1月5日にレッスルキングダム14in東京ドーム。
 獣神サンダーライガーの引退試合です。妻と観戦。
 31年間本当にお疲れ様でした。
 一時代を築いた偉大なるマスクマンに拍手。
 山田恵一選手としては続けるんですよね?(マテ
 、、、その後、水道橋近傍の信州系な居酒屋も旨かった。
 と、まぁ、最高の正月でした。
 そこからの、急転直下。
 仕事始めです。
 出向ライフが終わり、いよいよ元の病院に復帰、そして今度は先輩が出向、
というわけで、俺自身の仕事ウエイトが増加。責任ある立場ではありますが、
これがまた精神的にしんどかった。
 色んな理由で患者のためではなく、自分の心を平穏に保つためリスク回避に
神経を尖らせる医療を行う、そんな心平穏ならざる日々が戻って来た。実際、
正月休みの幸せな気分は、僅か1日で打ち砕かれたのでした。
 やっぱり、大学病院での仕事は、嫌だ。1日も早く脱出したい。
 そう思いながら1日1日這って進むかのような日々でした。
 まぁ、基本的に9393していた日の多い1月だったけど、それでも何とか
自分の中のモチベを維持して患者に笑顔を向け続けていられた、そんな自身を
褒めてやりたいのと、そうさせてくれた周囲の皆様に感謝ですね。
 特に、1月26日に太鼓の達人フレンズと集まって我が屋@双鼓亭でホーム
パーティしたのはホンマ良かった。妻の料理と仙禽「あらばしり、なかどり、
せめ」3本飲み比べに酔って、普段の疲れが一気に出て先にリタイアする亭主
でした。もう少し、呑んでいたかったな。
 その翌日も、みんなでカラオケに行ってワイワイやったっけな。

双鼓亭 心安らぐ 新年会
酒と仲間と 妻に感謝を

 そんな中、台湾の総統選で蔡英文総統が再選を果たすという個人的には好ま
しいニュースがあったり。ねじれにもならなかったし、台湾の民意は中国本土
と距離を取りたい、共産党の覇権にNOを突き付けたいという方向で纏まった
のだろう。しかし、比例で与党民進党が票数を減らしたという事実から見ると
民進党政治そのものに関しては課題が残る結果になったと思う。
 その他、テレビで大食い王決定戦やっていたことに関して某所の手記:

 テレビで大食い王決定戦やっていた。
 MAX鈴木さんが60分でラーメン35杯食べて、ぶっちぎりの優勝。
 物凄い記録。
 かたや、魔女菅原も女性56歳でありながら29杯という素晴らしい成績。
 正直リスペクトです。
 かつて俺もフードファイター目指してた。
 きっかけは小3のとき。校内みかん早食いコンテストで高学年参加者が立ち
並ぶ中で、みかん3つを汁一滴こぼさない綺麗な食べ方でぶっちぎりの優勝、
記録は5秒で、2位はまだ1個目すら食べ終えて無かった。上級生はみかんに
かぶりついていたが俺はみかんを半分に割って、それを口に放り込んで一噛み
だけして呑み込んでいた。
 この発想と経験は俺に「大食い早食いは、頭脳戦なんだ」って確信を与え、
沢山早く食べることの面白さに気付かせてくれたのだった。
 漫画「食いしん坊」の言葉を借りるけれど、大食い早食いは、スポーツなの
です。如何に自分の肉体を大食い早食い仕様に改造し、目の前の食べ物をどの
ような戦略で攻略し、また心理戦をどう制するか。奥深く、面白い。だから、
未だに大食い番組は続いているのだと思う。
 結局俺はココイチカレーご飯1キロを10分餃子の王将瀬田店(滋賀)で
海鮮チャンポン3人前15分
といった低レベルのチャレンジ成功を自己ベ記録
としてフードファイターの道を諦めたのだが、大食い道を究める皆様には今も
変わらず心よりエールを送りたい。


 こんなところで、以下主なツイート紹介:





チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 16:53 * comments(0) * -

2019.12後半 ダイジェスト

 どうも、俺です。
 2019年、12月後半のダイジェスト行きますよ〜。
 まずは、祝☆妻が日本語教育能力検定試験を一発合格!合格率28%という
狭い門でした。強い。
 次に、同僚の誕生日パーティーを我が家でやったこと。今回の料理は酒以外
すべて妻のプロデュース。ありがてぇ。ちな、8人パーティーでした。
 続きまして、今年のナンバーワンの話:

とある7歳女児、指さしながら
「先生、このキャラ知ってるよ。えーりん」

「よく知ってるねー!」
女児
「東方知ってるよ。霊夢、魔理沙、妖夢」

「ほんとによく知ってるね!はい、診察終わりー。お薬出したから、暫く外で
待っててね。お大事にどうぞ。そして、良いお年を」
女児
「...どうぞ良いお年をお過ごし遊ばせ下さい(会釈からのドヤ顔で去る)」
、、、誰だ英才教育した奴はwww

 そしてそして。
 浦安市某病院への出向ラストデーの話。なんと最終日は夜勤付きでしたよ。
翌朝そのまま出向元のA病院へ直行というハードスケジュール。体調的精神的
コンディションは最悪。それでも俺は笑顔で受け止めた。病、そして世の矛盾
と不条理を。滝下りの先に聖地が待つと信じて。
 、、、まぁその、出向先の先生方やスタッフの皆様方は突然加入したこんな
四十がらみのオッサンを快く受け入れて、また心地好い居場所を与えて下さり
ましたよ。色んなことを任せてくれて、沢山のことを教えてくれて、また大変
仲良く接して頂きました。加えて入籍、結婚という人生の節目と共に過ごした
そこでの日々は生涯忘れることの出来ないものとなりました。

仁の館(たち)冬空見上げ いざさらば
厚恩無尽 浦安の日々

 ありがとう、そしてありがとう。

 、、、そして、12月のラストと言えば、やはり。
 冬コミだずぇ!
 今回、初日は初参戦の妻を連れて。西、南だけでなく企業も。沢山歩いて、
楽しかったなぁ。俺はコミケをこよなく愛しているのです。願わくは、生涯、
見守っていきたいイベント。
 ぬくもり、無限大。集う皆の想い、尊き命の光。
 結局今回4日連続で75万人来場者を記録しましたよ。
 というわけで、あとはツイートでいいかな。
 コミケ関連ツイートってことで、一部年明けてからのツイートもあります:
























チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 17:57 * comments(0) * -

2019.12前半 ダイジェスト

 運命の結婚式、そして台湾&シンガポールの親戚挨拶回り旅。
 そんな12月前半をTwitter中心にダイジェストです。
 もしよろしければ、2019年度の詩集も見ながらどうぞ。
 実は、この12月、夜中の3時に出向先病院呼ばれる波乱の幕開けでした。
対応のためタクシーで40分の病院へ。朝7時に対応完了。うん、やっぱ病棟
のある大学病院勤務は身体にも心にも悪い。はやく病棟の、発表の、論文の、
最後の砦感のない、お気楽外来のみの環境に行きたいものです。ほんま、たま
らんかったわい。
 結婚式前、その他の出来事として、実写版シティーハンター観に行ったり。
ハンパない作品への愛を感じる力作で、漫画・アニメの実写版としては非常に
出来が良かった。純粋に、作品として面白かった。
 さて、それから数日の多忙な仕事を経て、運命の12月5日。
 遂にヴェロニカと結婚式です。実は前日赤坂に前乗りして、ジンギスカンを
食べたっけな。で、式当日早朝に起きて、赤坂は豊川稲荷へ。佛前式でした。
かなりちゃんとしたトラディショナルな式で、妻は白無垢、俺は紋付袴、最後
複数人のお坊さんが経文をバッサバッサとジャグリングするようにめくるなど
実に壮観でした。一般の参拝客にも祝福されましたよ。それで、お寺での記念
撮影を経て、妻は紫色の壮麗な御着物に召し換えて移動。家族身内だけで行う
小さな披露宴を東京タワーのふもとにある「うかい」さんで行いました。豆腐
料理の店で、ケーキ入刀の代わりに、二人で寄せ豆腐を作るというのが素敵。
流行りの疑似チャペル式ではなく、もう少し個性的な式+宴を挙げたいとう方
にはオススメです。オーセンティックでクオリティ高い時間が過ごせました。
 そして結婚式翌日には、いよいよ台湾&シンガポールへ。お互いの親も一緒
ってことで実際ハネムーンって感じでは全然違うんだけれどね。目的も、親戚
一同への挨拶がメインですし。と、その割には色々観光も出来たし、とっても
素晴らしい旅でした。とにかくメシ喰え!メシ喰え!の波状攻撃で体重は爆増
したっぽいw
 特に台湾での家族ディナーでは、我が一族最長老の大叔母様も参上。実は、
この記事書いている時点で既に亡くなられており、今思えば最後の最後で我が
一族に我が妻という新たな一員が加わったことをご報告出来て本当に良かった
なぁと思う。
 この旅行については↓のツイート紹介にて。
 まぁとにかく、こうして9月に入籍し、12月に結婚式を行い、一族に紹介
出来たということで、色んな意味で晴れて夫婦として永遠を誓い合いました。
ヴェロニカというこの世にも素晴らしき女性と一緒になれたことを心より深く
感謝している次第です。ルックスが極めて俺好みなだけでなく、品格、知性、
感性、情熱、まさにワンアンドオンリー、我が自慢の妻です。
 さて、12月前半の締めくくりは、12月15日の日曜日。妻の参加する、
障碍者向けの演劇プロジェクト観劇。自身二度目です。今回はアラビアの夜を
フィーチャーした内容。俺の行った回は結構子供たちも多く、なおかつとても
優しい回でした。
 その夜、二人で打ち上げ。
 無言で手を握り合うこと暫し。

夫婦酒 しみじみ握る 掌(たなごころ)
睦み合う眼に 言葉は要らず

 それでは、主なツイートを紹介:





























































チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 16:36 * comments(0) * -

2019.11 ダイジェスト

 朝食に吉牛って、様式美よね(ぇ
 というわけで、この時期浦安某病院出向勤務が週の大半で、割と吉牛だとか
はなまるうどんだとかマクドだとかで朝食ちょいちょい食べていた、どうも、
俺ですよ。結婚祝い下さった皆様、本当に感謝です。
 それでは、11月のダイジェストをば。
 もしよろしければ、2019年度の詩集も見ながらどうぞ。
 学会が2回入るなど結構仕事が絶妙スケジュールでエグく、あっぷあっぷな
状態が多い一か月だったような。妻も障害者向けの演劇で忙しく、それに加え
結婚式の前撮りだったり式そのものの準備だったりで、夫婦ともども、極めて
多忙な感じでした。 
 学会は青森と東京。青森のは数日間にわたるやつ。海の幸は旨かったけど、
今度は学会抜きで、純粋に旅行として遊びに行きたいな。
 田酒の新酒生酒、豊盃の新酒で純米大吟醸原酒。旨かったです。
 結婚式の前撮りは11/3だったが、夜中3時に叩き起こされる当直明けの夜に
遅くまで講演会参加させられての、その明けでの前撮りだったというね。本当
ハードでした。終わった後は、東中野「しもみや」で打ち上げ。
 そんな中でもコミティア夫婦で行けたのは行幸だったな。これが初の夫婦で
行く同人即売会だったり。楽しかった。
 入籍祝いで頂いたエキスペリエンスチケットで横浜アフタヌーンクルーズも
行けた。中華街でランチしてから大さん橋を出発して横浜港の眺めを満喫する
ぜいたくさんな感じのコース。天気よくて最高だった。
 天気と言えば。
 天気の子を映画館で観られた。
 めっちゃ刺さりまくる作品だったな。必死で青臭くて無責任で、そして只々
ひたすら純粋な、恋。君さえ居れば世界など破滅しても良いという。セカイ系
の全否定って言ってたレビュワーが居た気がするけど、まぁそんな感じしない
でもないな。そして、そういうマインド、よくわかります。
 「神さまお願いです。僕たちに何も足さないで下さい。僕たちから何も引か
ないで下さい。このままで居させて下さい」
 コイツ、あのときの俺と同じ思いを語ってるなって思った。
 ただただ、ひたむきに。
 でも、それはね。二次元にしかありえないことなんだ。
 それを現実で願うのは、とっても苦しいこと。独善的で、一方的なこと。
 世界を敵に回しても君を愛する。そんな気持ちになってみた所で。
 相手はそんなこと願っちゃいないんだ。
 世界はそんなこと許しちゃいないんだ。
 そうして男の子は傷付いていくんだ。
 俺もそうだった。
 だけど俺たちは、そうせずにはいられない。そういう人間なのだから。
 だからこそ、この世界は生き辛いんだ。
 だからこそ、救いに縋ろうとするんだ。
 このファンタジーは、そのため、現実的だ。
 な〜んて某所で書いたっけな。
 某英国風パブチェーンの会長主催でボジョレーヌーボーを呑むパーティーに
参加したりもした。しこたまボジョレったっけ。実はそれが、俺の人生で初の
ボジョレーヌーボーだったり。
 、、、なぁんだ。仕事忙しかったけど、こうして書いてみれば、何気に結構
沢山楽しいこともしましたね。
 さて、ツイッター紹介の前に、最後に青森から帰って来た際に東京駅で寿司
食べたエピソードを:

 東京駅構内の立ち喰い寿司で、本マグロ三貫セットだけ頂いてみた。赤身、
大トロ、大トロ、各一個ずつ。口の中には、新幹線の中で呑んでいた日本酒の
残り香が漂う。
 しっかり旨かった。大間のマグロの方がやや甘味が強いが、しっかりと脂の
乗った東京駅の本マグロは、旨さという観点では遜色なかった。
 そこで、意地悪ながら、産地を聞いてみた。
 返って来た答えは:
 「ボストン」
 ・・・結局、ちゃんとした職人がちゃんと処理したちゃんとした部位という
のは、どこ産だってちゃんと旨いのである。後は、何処で、何と一緒に、誰と
一緒に食べるのか、である。そんなモンなのだ。

 、、、というわけで、主なツイート紹介です:











チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 20:55 * comments(0) * -

2019.10 ダイジェスト

 Twitter中心に2019年10月のダイジェストをば。
 もしよろしければ、2019年度の詩集も見ながらどうぞ。
 この月の主なイベントとしては、妻の出演する舞台「瘋癲老人日記」を2日
連続で観劇に行ったこと。1回目は職場の仲間と、2回目は例大祭&コミ1に
参加してから、しば氏と合流して観に行った。
 観劇の感想はこちらをどうぞ。
 台風が来たりもしました。今だから言うけど、帯状疱疹って病気を結構診た
月だったなぁ。災害によるストレスがキッカケになったんだろうなぁ。
 そーすい氏と昼間からHUBにて幸せのんだくれイベントもありましたね。
 アケマス、エース市川が遂に撤去という悲しいニュースもあった。これで、
市川からずいぶん足が遠のいたモンです。
 そんなこんなで、以下ツイート紹介を:












チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 19:58 * comments(0) * -

2019.9 ダイジェスト

 Twitter中心に2019年8月のダイジェストをば。
 もしよろしければ、2019年度の詩集も見ながらどうぞ。
 この月、9月3日、遂にヴェロニカさんと入籍し夫婦になるという晴れ事が
ありました。それ以外にも、イベント満載の一か月でした。
 妻の参加した「羊」という公演を観に、仕事上がりに大阪行き。花だことか
道頓堀とかポンバシとか懐かしいところ一通り行って、生涯初カプセルホテル
での一泊。翌日久々のコミトレ参加からの公演観劇、そのままビアフェスへ。
そしたら台風の影響で帰りの新幹線がなくなり、新大阪駅近傍のホテルで妻と
泊まり込み、翌朝早くの新幹線で出勤したり。しかも駅から1時間歩いて道中
眼鏡が力尽きて根本から折れるというハプニング。超大変だったけど、しかし
良い思い出となりました。
 所沢イオンの閉店に伴い、そこの太鼓の達人叩き納めも行きました。そこで
かつて開かれた集会に参加したことがあるご縁でね。そーすいさんやしばさん
だけでなく、いろんなドンだーさんのプレイが観られて面白かった。
 月の後半、結構仕事エグかったっけなぁ。
 医者の仕事、マジでロクなモンじゃねぇ。
 辞めたい辞めたい思いながら、なんとかやっていく俺でしたとさ。
 もうちょっとマシな働き方、あると思う。
 そんなこんなで。
 以下、主なツイートの紹介をば。

































チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 20:09 * comments(0) * -

2019.8 ダイジェスト

 Twitter中心に2019年8月のダイジェストをば。
 もしよろしければ、2019年度の詩集も見ながらどうぞ。
 まぁ、8月と言えば、言わずもがな、コミケ。
 東京オリンピックのため東館が使用不可となり、新たに南館を開設。しかし
やはり会場キャパとしては縮小のため、初の4日間連続開催となったコミケ。
それは、結局世界中のヲタを分散させたわけではなく、そのまま1日分の人数
を上乗せして物凄い来場者数を叩き出したのでした。
 そしてそして、会場ではしろわいん丼にご祝儀頂きました。
 本当にありがとう。結婚したけれど、それでも変わらず、俺の家は君の家も
同然と心得て下さいな、親友。
 コミティアもありました。ヲタ的にはホクホクの1ヵ月。
 快く送り出してくれた、後に妻となるヴェロニカに感謝。
 コミケ4日目後に中野で打ち上げやったときも合流してくれて、仲間たちに
御披露目出来ました。別に衒いもなくナチュラルに加われる器量・度量に俺は
大喜びしたのでした。
 仕事方面では、相変わらず出向先が素晴らしくて、楽しい毎日でした。
 とにもかくにも、日本の夏、コミケの夏、8月はそれに尽きますかね。
 以下、8月の主なツイートをご紹介して記事終了。



















































チャンプ(−O−) * ぐだぐだ * 21:12 * comments(0) * -
このページの先頭へ